top

2020年7月13日月曜日

プラティハラを味わう

この投稿をInstagramで見る

今日も月に一度の、イギリス沖道ヨガの森朝子先生のオンラインクラスでした。  昼間は、協会のチラシ送付の準備をしていたのですが、今使っているプリンターがまあ気分屋で。両面印刷の際に紙を巻き込むのです。    10枚に1枚くらいだったものが、さらに数枚に1回になってきて。ガサガサっと紙がぐちゃぐちゃになってできたりするのを繰り返すし。今日はサポートやっていないし。で、珍しく、イライラ。  プリンターと格闘してる間に、疲れ、休憩していたら昼寝をしてしまい。その間に仕事のパートナーでもある主人が印刷してくれていました。  そして、夕方からの森先生のクラス。 今日は、バンダを意識したアサナ、プラーナヤーマ。プラティヤハラ。瞑想。と、またまた充実した2時間だったのですが。  無理なく心地よくさせていただくことができました。  戦士のポーズがあんなに心地よいとかんじたのは初めてかも。  そして、プラティヤハラの意識の話のなかで森先生がお伝えしてくださった内容に、とてもふに落ちるものがありました。  永井先生から、施術を習って、手のひらで味わう、他と一体になるような感覚というのは施術を通して、少しずつ体感できるようになってきていたのですが、これを全身で体感し、まして一つ一つの動的な刺激の中で、生徒さんにそれを味わってもらうには??  と、最近ずっと考えながらヨガをしていました。  今日の森先生のクラスのなかにたくさんのヒントがあったので、また日々自分を見つめることを続けたいと思います。  そしてそれがだんだんとじわーっと生徒さんにも浸透していけたらよいなあ。  森先生のヨガは本当に内側に内側に意識を向けることを大切にしていて、森先生がそう実行されているからこそ、クラスを受けていると、自分も感覚を味わうことが深まりやすくなることを毎回感じます。  瞑想が終わり、すっと目を開けたときには昼間感じていたザワザワとした心の波はなくなっていました。  今また、印刷作業をしているけど、同じガサガサっという音に苛立つこともなく、あ、また詰まったわ。と思うくらい。笑  些細なことなんだけど、こういう日常のちょっとした感情の揺らぎって、ほんとに自分の状態をうつしてくれます。  ヨガは自己コントロールを大事にするけれど、それは自分を抑えこむこととは全く別。  生きるのが楽になるヒントが散りばめられています。  さてさて、森朝子先生の8月のクラスは、8月9日(日)18:00〜開催されるのですが、次回は無料で、簡単なヨガと、懇親会(ご自宅でそれぞれお茶やお食事をしながらでもOK!)をされるそうです!  興味のある方はどなたでも参加できますので、気になったかたは、DMや、メールでご連絡ください。森先生にご紹介いたします。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月12日日曜日

久しぶりの指ヨガインストラクター養成講座

この投稿をInstagramで見る

またまた、集中してて写真撮り忘れましたが、今日はかなりお久しぶりの指ヨガインストラクター養成講座でした。  セルフケアから呼吸体操。最後の1時間はじっくりハンドヒーリングを行いました。  指ヨガは、手指を刺激したりほぐすことによって、全身で行うヨガと同じような効果をもたらすものです。  だんだんと手指がリラックスしていくほどに、全身がくつろぎやすくなることを体感していただきました。  指ヨガの良いところはたくさんありますが、 ・いつでもどこでも出来る ・体調の悪いときにやりやすい ・介護や看護の場でも取り入れやすい ・ヨガ初心者でも受け入れやすい などがあります。 もっとたくさんあるけれど。  私自身も、第一子妊娠中は、つわり期もクラスはほとんど休まずしていたり、スタジオ件事務所と自宅の往復や、遠方へのヨガ指導など、移動の多い生活だったのですが、  ちょっとお腹が張っちゃったなとか、気分が悪いときには、お腹の関連部位である手のひらを深く呼吸しながら揉んでいると、楽になる感覚をよく実感していました。  本当に子供からご年配の方まで様々なシーンで日常に寄り添い活用できるものなので、養成講座では、その魅力をあますところなくお伝えできたらよいなと思っています。  お一人お一人が活かしたい場で、十分に活かせるようなお手伝いをさせていただきます。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月10日金曜日

感じる力、内観力を高めること

この投稿をInstagramで見る

【 感じる力、内観力を高めること 】 今日も方南カルチャーでいやしのヨガでした。やっぱり1時間半の対面でのクラスは心身ともにほぐれます。  東京は感染者数だけ見ているとかなり多くなっていますが、消毒、換気、スペース確保をしてクラスを開催していますので、安心してご参加ください。  今日のクラスもテーマはゆるめることでしたが、「立つ」ことをじっくり味わっていきました。  私は、ヨガでは、感じる力を高めること、内観力を高めることが大切だと思っているので、「立つ」だけであっても、今自分の感覚はどうか?また、整えたあとに立った感覚はどうか?毎回確認するようにしています。  これは、施術をするようになり、さらに、整体師の養成講座のスタッフを経験して、実感したことなのですが、「人はそんなにたくさんの感覚を一度に味わうことはできない」のです。  感覚を味わうことに慣れているであろうヨガの先生であってもです。  動禅式ひびき療法では、人の身体の微細なひびき=振動を感知し、それが全身に伝わるように骨を振動させ、全身をひびかせます。  「揺れ」というのはゆるみ、くつろぐための鍵でもあり、癒しの極意です。それが細かければ細かいほど、末端までよく伝わります。  だけど、この細かい振動を手で感じるようになるまで。手で再現できるようになるまでには、やはりやり続けることしか近道がありませんでした。  整体の養成講座は、あるいみ、ヨガのクラスよりも明確に、効いているか効いていないかがハッキリと出てしまいます。  効いていれば、あたたまるし、気持ちよくなるし、ゆるむし、よく揺れます。だけど、効かなければ、あたたまらないし、気持ちよくないし、ゆるまないし、よく揺れないのです。  どんなに器用な人であっても、養成講座の間に、なにもしてこなかった人は、手技に出てしまう。  習い方は、人それぞれですから、やってこないことに対して何か言ったりはしませんが、  続けてきた方は、すぐわかります。 施術者本人が、手が温かい。冷え性だった方も冷え性なんてどこかに行ってしまう。  そして、人の身体を、「手のひらで感じ取れるようになります。」  骨のちょっとした硬さの違い、筋肉のはりかた、凝りかた、緩み方。それは主観をできるだけはずし、ただ、事実を、相手を、感じることでもあります。  永井先生は身体を虚実で表して、最大虚と最大実を見つけ、その最大実が骨でした。 骨をひびかせると本当に身体は面白いほど変化します。  と、いうように、手のひらで感じることひとつにしても、こんなに日々の積み重ねが必要だとしたら。  身体全身だったらどうでしょう。  手はただでさえ、感覚が発達した部位で、感じやすい部分です。  感じ取る部分が、背中だったら?肩だったら??  そう考えていくと、私はやっぱり、アーサナを連続的に行なったり、フローとして行うのは、身体を微細に感じるという点では、無理があると思います。  たしかに、流したポーズのあとにやってくる心地よさも分かるし、目的がはっきりしているのなら良いでしょう。  でも、ヨガの本来のゴールは、心。  心と身体はつねに変化し続け、全く同じ日は一日もありません。  一生付き合う心と身体ならば、よく知り、その変化を味わえるようになりたい。  だから、私はひとつのアーサナ(ポーズ)をして、くつろぎを繰り返すことを大事にするし、一見地味に見える、ただ立つことや、座ることの中での身体の微細な変化を味わうことに重きを置いています。  

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月8日水曜日

祈る心

この投稿をInstagramで見る

先日スタッフ参加した龍村ヨガの冥想講座のテーマは"聖フランチェスコに学ぶ、祈りの瞑想とその思想"でした。  私は、高校時代、家が近かったため、キリスト教系の高校に通い、聖書を読んだり、讃美歌を歌ったり、礼拝をしていましたが、当時は全くその意味を理解もせず 笑  ただなんとなくしているだけで、宗教心の本当の意味も知らずにいました。  聖フランチェスコと言えば、"平和のための祈り"が有名です。  キリスト教についてほとんど理解のなかった私も沖ヨガの合宿に参加し、読経や朝の呼吸法の時間にはじめてこの祈りを読み上げたときには、自然と涙がでてきました。  ---------------------------------------  <平和の祈り>(文語体) ああ主よ われをしておんみの平和の道具とならしめたまえ われをして憎しみあるところに愛をもたらしめたまえ 争いあるところにゆるしを 分裂あるところに一致を 疑いあるところに信仰を 誤りあるところに真理を 絶望あるところに希望を 悲しみあるところによろこびを 闇あるところに光をもたらしめたまえ  ああ主よ われをして慰めらるることを求めずして慰むることを求めしめ 理解さるることよりも理解することを 愛さるることよりも愛することを求めしめたまえ  そは われらは自ら与うるがゆえに受け ゆるすがゆえにゆるされ おのが身をすてて死するがゆえに とこしえのいのちを得るものなればなり  ---------------------------------------   そんな私でも、沖ヨガで、ヨガの哲学性を学ぶうちに、祈ることの意味も、だんだんと自分のなかに変化がでてきました。  聖フランチェスコのような無所有であり、奉仕の心を自分のなかに作ることは、俗的な私には大変なのですが、、沖ヨガでは"祈ることは他をわかろうとすること"だと言います。  頭では理解しても、実行するのはなかなか難しいもので、ちょっとした誰かの一言でカチンとくるし。自分の弱いところをつかれればガクンと落ち込むこともあります。  だけど、その言葉の一部を切り取らずに、その人とよく向き合ってみると、ああこの人もなにか傷ついていた背景があったのだなと理解できたり、思いやることも。  そして、自分も無自覚に、無神経な言葉を発していることにも気付きます。  沖ヨガの面白いところは、さらに"せめて半聖半俗で生きよ"と続きます。  俗心だけでは、宗教心は身につかないし、聖的なことだけでは俗社会で生きられないから。です。  私は、整体の施術をしますが、施術をしていると、その人に付属している様々なものをとっぱらって、その人自身と向き合うこと、身体の反応、心の反応と向き合うことが絶対に必要になります。 経歴や、属する宗教、国、立場、肌の色、さらに、人間、動物。私たちを縛っているカテゴリーで物事を見ていないか、常に自分を見つめていきたいものです。    --------------------------------------- 沖正弘先生著書 「生きている宗教の発見」より引用  この宇宙に心のないものは一物もありません。日常生活はすべての心を理解するためにあると いえます。理解するためには、相手の心を自分の心とする以外に方法はありません。相手の心を わかろうとする訓練法のことを、ヨガでは祈りといいます。   祈りと願いは違います。祈りとは、相手の心を自分の心にすることです。相手の要求を読みとり、立場を理解し、その人達に対して自分はどう考え、どう受け取り、どのような行い方をした らよいかをつかまえることです。そして、その一つ一つを神に結びつけて考えることが祈りなのです。   ※ ここでいう神とは、それがなければ一切のものは存在し得ない根本的なもの、すなわち生命のことです。「生命即神」

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月6日月曜日

眼ヨガクラス開催のお知らせ 

この投稿をInstagramで見る

眼ヨガクラス開催のお知らせ  おはようございます。  オンラインも増え、眼のトラブルや、眼から来る疲労や体調不良に困っているかたたくさんいらっしゃいます。  眼ヨガを終えたあとは、眼だけでなく、身体もスッキリする方がほとんど。  ちょっと疲れたかな。と感じているかたはぜひぜひご参加ください。  ▶日程    7月19日(日)10:30~12:30 残2名 7月19日(日)14:00~16:00 残4名 8月23日(日)10:00~12:00  ▶会場 龍村ヨガ研究所 東京都中野区東中野4-9-1 第一元太ビル4階  中央総武線 東中野駅 東口から徒歩1分  ▶参加費 3000円  ▶お持物 動きやすい服装・お飲み物・筆記用具・ヨガマット(レンタル有り 100円)・てぬぐいやタオルなど  ▶注意 ・当日はコンタクトの使用はお控えください。眼鏡は使用可能です。 ・1時間以内の重たいお食事はお控えください。  【新型コロナ対策について】 ▶参加ルール ①飛沫拡散防止のためマスク着用でお願いします。 ②教室入場時は、用意されたアルコール類で洗浄と手洗いをお願いいたします。 ③ヨガマットは消毒済みを用意しますが、できる限り自分用を持参下さい。 ④教室レッスンご参加の皆様には、ご自宅にて検温し体温が37.0度以上の場合や少しでも体調がすぐれない場合には、ご参加はご遠慮ください。   ▶教室での感染拡大防止のための取り組み ①ソーシャルディスタンスの確保(アジャスト制限、各レッスンの参加人数制限) ②道具の一時利用停止(ヨガベルト・ブロック等) ③飛沫拡散防止(講師のマスクの着用) ④教室内の除菌・換気  みなさまにお会いできますことを楽しみにしております!  【ご予約】 プロフィール欄リンクホームページよりご予約ください

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月4日土曜日

第2子のご報告

この投稿をInstagramで見る

安定期に入りましたのでご報告です。 このたび第二子を授かりました。 ヨガのクラスは10月末ごろまで開催予定で、産休は11〜3月くらいと考えております。 オンラインについては、動画を撮り溜めたりして産休中も配信できたら良いなと思います。 第一子のときもヨガをしていたおかげで、お腹のなかの娘とのつながりをじっくり体感することができたり、マイナートラブルもほとんどなく体調管理もしやすく安定したマタニティ期間を過ごすことができました。整体師でもある主人が毎晩施術してくれたおかげでもあります。 妊娠中は本当に、自分の身体のなかに、もう一つの生命が存在していること。その生命がなんて尊いんだろう。ということ。を実感する毎日です。 つわりはコロナ自粛と相まって、暇があったり、動く量が少なかったからか、第一子のときより強く感じたような気もするのですが、5か月に入りすっかり無くなりました。 今まで大好きだった食べ物が全く要らなくなったり。身体にためていた不要なものを出しているんだなあと感じることも。 自分だけの身体とは違う感覚を日々味わっています。 娘もいながらなので、あっという間に過ぎていきます...笑 最近の娘は、ちょっとずつ大きくなってきた私のお腹に頬をつけ、赤ちゃん、かあいいね〜。おいで〜。 と声掛けをしてくれたり。 私は、妊娠中は涙腺が弱弱になるので、そんな姿を見ているだけでもうウルウルしてきます。笑 出産までヨガしながら、この大事な時期を大切に過ごしていきたいと思います。 クラスにいらしているみなさまには産休などでご不便をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月3日金曜日

いやしのヨガ再開しました

この投稿をInstagramで見る

昨日より、方南カルチャーでのいやしのヨガが再開しました。  3カ月ぶりに参加者の皆さんにお会いできて嬉しかったー。  ▶︎1週間に一度でも、ヨガに来ているだけで身体が全然違うということにおやすみの間に気づいた。  ▶︎久しぶりに動いたら肩が固まっていたことがよくわかった。  ▶︎最後のシャバアサナで寝てしまいましたー。  と言ってくださったり。 皆さんそれぞれヨガを味わってもらえることが何より嬉しいのです。  そして、穏やかな笑顔を見ていると、私まで癒され。自分にとっても無くてはならない大切な場所、人たちだなと、しみじみ。   もうすぐ方南カルチャーでのクラスは、7周年になるのですが、お引越しされても、7年間ずっと通ってくださっている方から、可愛いくまちゃんを娘にいただきました。  娘は朝起きて、大きなくまちゃんがいたので、くまぷー❣️と大喜び。   写真は昨日はクラスに集中していて取れなかったので、数ヶ月前のもの。今はもう少しスペースを空けています。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年7月1日水曜日

滝行ヨガ合宿

この投稿をInstagramで見る

昨日は夏越しの大祓でしたね。 6月30日に行われる夏越の祓では、1年の前半を無事に過ごせたことに感謝するとともに、半年間の罪や穢れをお祓いし、残り半年も清らかな気持ちで過ごせるよう願う神事が行われます。 さて、今年も8月1日(土)〜2日(日)にNPO法人沖ヨガ協会東日本連合会主催の滝行ヨガ合宿が開催されます。 これまで6年間、滝行をご指導いただいている武蔵御嶽神社の神官(宿泊する御嶽山荘のご主人)の 金井格さんは、滝行は毎年やることで1年間の穢れを祓って、心も体も新たな日々を迎えるものだと教えてくださいました。 御嶽山は30人以上の神官さんが山全体を守っている神聖な祈りの場です。 都会の喧噪を離れ自然と一体感を通じ、無心になり、自身を見つめ、日本人が持つ御霊(み たま)の「再生」を目指してみませんか? 今年も龍村修先生が同行され、沖ヨガのルーツと神道の講義や、ヨガ指導をしてくださいます。 私もこれまで毎年スタッフ参加しつつ、滝行を行っていますが、例年たくさんの気づきとともに、身体が整い、浄化される感覚を味わっています。 毎年続けているので、無くてはならないものになりつつあります。 冬場とは違い、比較的チャレンジしやすい夏の時期ですから、この機会にぜひぜひ体験してみてくださいね(^^)

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年6月28日日曜日

マインドフルネス瞑想

この投稿をInstagramで見る

6月27日のKiiYOGAオンラインではマインドフルネス瞑想をテーマにして、今ここをじっくりと味わいました。  「 マインドフルネス 」 とは、「今ここを感じる気づきの瞑想」 です。  マインドフルネス瞑想は、今ここに集中することで、過去への後悔や、未来への不安などから離れ、気づく力と集中力が高まり、ストレスが軽減され心が穏やかになり、感情知性が高まり、心が安定し、頭が明晰になり洞察力が高まっていきます。   もともと、ヨガの中にはこのマインドフルネス的な考えは入っていて、今ここに意識を向けるということは自然に行っています。  そのおかげで、私はヨガを続けるなかで、自分の心を楽にすることができるようになってきたと感じています。  ヨガをする前の自分は、幼少期〜ヨガに出会う前の過去の辛い経験と、今の辛い感情をすぐに結びつけてしまっていました。  たとえば、祖母が私に対してキツく当たることが多かったので、祖母と同年代の物事をはっきり言う女性は最初から苦手意識があったり。  その人ときちんと向き合う前から"怖い"と、勝手に恐怖心を作り出してしまっていました。  祖母のことだけでなく、なんとなくネガティブな意識へ、意味づけすることが癖になってしまっていたと思います。  思考のパターンや、記憶への意味づけが凝り固まって、偏ったものの考え方に囚われてしまっている状態でした。   それがヨガを続けて、2年くらいしたときに、あれ?なんか気持ちが引きづられにくくなったなと感じるようになっていきました。  もちろん、ヨガを始めたことで、出会った人の言葉に救われたり。ただただ、心身を整えたからだけ。ではなかったかもしれません。  だけど、確実に"今ここ"を味わうことが上手になり、過去のトラウマから少しずつ解放されていく。とう実感がありました。  そのなかで凄く大切に感じていたのは、今ここを味わうと同時に、自分ではコントロールできないことを切り離して考えることでした。  自分に対して反省もなかったり、未来の計画性が全くないのはとても問題ですが、、、  過去のことでいえば、すでに起きてしまって自分では変えられないこと。未来のことでいえば、例えば、明日地震が起きるかもしれない、事故で死ぬかもしれないなどの変えることのできないことへの不安。  これは、自分ではコントロールできません。  だけど昔の私は自分ではコントロールできない相手の感情が自分の意に沿わないことで悲しんだり、こうであってほしいと自分の願望ばかりに縛られていました。   そういったある種の欲、自分のエゴ、こうしなきゃいけない。こうだったらよかったのに!  という、祖母に対する自分の欲を切り離せるようになってきたころ、あんなに嫌だった祖母に対しても、"してくれたこと"、当時、私の欲しかった形ではなくても"祖母なりの想い"があったことを受け止められるようになり、心からありがとうと言えるようになっていました。  そのあと、認知症であまりはっきりとした意識がなくなってしまったので、元気なうちに祖母を愛おしく思えたことは、ヨガのおかげだと思っています。  もちろん一朝一夕に変わったわけではなく悩んで、真剣に考え、向き合ってきた過程があるから、受け止められたこともたくさんあります。  でも、今ここ。を感じることは、遠回りなようで、自分自身を大切にするため、周りの人を大切にするための大きな一歩だと私は思います。  来月も引き続きKiiYOGAオンラインで、マインドフルネスヨガを行いますので、体験していただけたら嬉しいです。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年6月25日木曜日

7月のKiiYOGAオンライン

この投稿をInstagramで見る

7月のオンラインヨガのお知らせです。  zoomアプリを利用して、お手持ちのスマホ、パソコンなどから気軽にご参加いただけます。  写真は、沖縄の座喜味城から見た朝焼けです。 沖縄の言葉に”なんくるないさ~”とあるように、困難な状況も困難に感じないような朗らかな心を持っていたいといつも思っています。  そして、不安や不満を感じることはあっても、ヨガを続けていると、心の器がどんどん変化するような、受け止め方が変わっていくことを感じます。   ぜひ引き続き、オンラインヨガでご自身のメンテナンスとともに、内側を味わう時間を持っていただけたら嬉しいです。  __________________________________________  【7月のオンラインクラスの内容】  第1回 7月4日(土)9:00~10:00  基本のポーズ 逆転のポーズ(スキのポーズ・肩立ちのポーズ) ※逆立ちではありません。無理のないポーズを行います。  第2回 7月11日(土)9:00~10:00  沖ヨガ修正法 深い眠りのためのヨガ  第3回 7月18日(土)9:00~10:00 気づかない緊張を取り除く 心と体をゆるめるヨガ   第4回 7月25日(土)9:00~10:00 呼吸法を深める・マインドフルネス瞑想② 今ここを感じるヨガ  ※配信を見逃した方、繰り返し見たい方向けに、クラス終了後に録画動画のリンクを送ります。お送りしました動画は1か月間好きな時にyoutubeからご視聴いただけます。  _______________________________________________  KiiiYOGAオンラインのお申込みは、プロフィール欄のホームページよりお願い致します。

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -

2020年6月21日日曜日

KiiYOGAオンライン 心と身体をゆるめるヨガ

この投稿をInstagramで見る

今朝のオンラインヨガはゆるめるヨガ!  ゆるめることは、ただ力を抜くこととは違い、バランスのとれた状態。ということは前回お伝えしましたが、  "バランスのとれた状態"とはどのようなことを言うのでしょうか。  ヨガではバランスのとれた状態が自然である。と、捉えます。身体に痛みがあったり、心が苦しいと感じたりするのは、決っして悪いことではなく、生命が今アンバランスになっていますよ。心の向け方がちょっと違いますよ。と生命が教えてくれています。  なので、生命がきちんと働いているからこそ痛みがあり、病いになります。  その考えをもとに、バランスを取り戻すためには、身体の異常を正すのだけではなく、心身生活全体にあるゆがみや、かたよりなどのアンバランスを整えていきます。   自然な状況、バランスのとれた状態とは、  身体の面では、上虚下実の自然体です。  そのため、腹や腰に力を集め、丹田力を高めます。それは、ゆるめるべきところも自然にゆるまることにつながります。  心の面では、統一心・自然心が高まることです。心が統一された感覚は、力みや緊張はありません。リラックスして、自発的に、楽しんで行い、喜んで行う心が無心であり、統一心です。  【心身の反応の例】 ・肩首の力が抜けリラックスできる。・心が落ち着く ・イライラしなくなる ・全身の血行がよくなり、神経とホルモンの働きが促進する など 

きえ/KiiYOGA(@kiiyoga)がシェアした投稿 -